<< 届かなければ main 手を伸ばせば、 >>
綺羅星のゆめに
水面に輝く星々を、そっと穢して
あなたを待つことを やめる

衣擦れの幻想は、彼の岸に流れて
目醒めた朝は二度と還らない

鳴り止まない呪いの言葉は
祝福されなかった、わたしに響く

辿り着いた此の場所で
もう、消えてしまおう

わたしは、わたしの想いに殉じる

あなたは どうか


四つ辻の迷妄 癒えぬ傷跡
逃げるように、あなたを探した

はらはらと舞う雪の刹那、 仄かに輝いたのは綺羅星か

愚かな少女に相応しい最期でしょう?

報われないままでいい
さあ、この身を沈めてしまおう
生まれてきたことが、罪だった

其れでも、あなたを愛したかった


其れでも、あなたに愛されたかった



comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト



- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://latesummer.jugem.jp/trackback/75
trackback
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Mobile
qrcode
Sponsored Links